いよいよマラソンのシーズン

大阪マラソンが行われました

なんと応募者数16万人で走れたのは3万2千人、マラソンって本当に人気なんですね

中継をちらっと見たんですが、スタート直後なんて人の波でしたね

ピストルが鳴っても走りだせない人のタイムっていったいどうなのでしょう

前から順番に走り出すし、当然後ろにいる人は遅くなりますよね

10分近く違うのでは?それでもやっぱり時計が決めるんでしょうね

IPS細胞で有名な兄弟の山中伸弥教授も走ってました

研究の合間に普段から走っているんでしょうね!研究者も体力が大事健康が大事ということなのでしょう

これから冬になるほど各地でマラソンが行われます

私が住む京都も来年の2月に京都マラソンがあります

走る人が来るということもありますが、それを応援する人が一緒にやってくる

各地でマラソンが行われるのはそんな目的もあるんです

マラソンが行われる時はホテルも満室になるらしいですからね

観光名所も一緒に見れるし、ランナーにとっては観光気分で走れる、だから人気なのかもしれませんね

アルバイトの方が楽、気に入らなければいつでも辞められる

これも時代かもしれませんが、ニートと呼ばれる人はそう思っているのでしょうか?

大学を卒業しても定職につかない、アルバイトのままでいたり家に閉じこもる

最近はこういう人が多いようですね

アルバイトは気に入らなければいつでも辞められる、時給だけの問題なんて思っているのでしょう

でもやっぱり定職というか正社員になってこそ社会的にも信用されるもの

ニートの子供を持つ親は本当に心配ですね

そんな時に応援してくれるのが認定NPO法人の「ニュースタート事務局」なんです

長年の経験もあるしニート 就職を応援してくれます

子供の将来が心配なのは親として当たり前の事

無料相談もできるのでまずは電話してみてほしいです