銀歯をいれるのは本当にデメリットしかないのか

虫歯になってしまった場合には、どのような治療方法があるのでしょうか?
虫歯の状態が本当に初期状態ということであれば、歯磨きをしている内に虫歯が無くなっていくということもありますので、必ずしも削るしかないということではありません。
しかし虫歯がある程度進行してしまっている場合には、歯を削って虫歯部分を除去しなければなりません。

では削った後はどうなるのでしょうか?
ほとんどの場合は詰め物を削られた場所に入れることになります。
しかしこの場合材質は様々なものが準備されています。
最初の詰め物は銀歯であり、これには目立ってしまうというデメリットがあるでしょう。
では銀歯にはデメリットしかないのでしょうか?

決してそのようなことはありません。
そもそも銀歯を入れることになる理由は、保険診療での治療を受けるためには銀歯以外の選択肢がほとんどないためです。
しかし良く調べてみると、歯の部位によっては銀歯ではない詰め物も保険診療下で入れることも可能です。
材質はプラスチックや陶材といったものであり、銀歯のような色ではなく歯に近い目立たないものです。