弁護士に借金とローンを相談してよかった、助かった!

どうもこうもない題名通りの話なんですが、勤めていた会社が倒産して無職になってしまいました。
自分には妻も幼稚園の子供もおり、小さいながらもマイホームを購入した後でタイミング的には最悪でした…。
妻には「住宅ローンどうするの?」と毎日泣きそうな顔で迫られ、かといって同じような条件の仕事も見つからず、失業保険の受給期間は勤めていた会社が倒産したので多少長くはもらえるものの、いろいろなところからお金を借りてやり繰りをしていました。
そんな借金でなんとか食いつないでいく生活でしたが、それももう限界がきてしまいました。
妻も家計を支えてくれようとパートを探していましたが、その妻も初期のがん(結果的にはがんではなかったのですが)であることが判明しました。
もうそこからしばらくの間わが家は真っ暗で…とにかく「何か考えないと」「誰か助けて欲しい」ともがき苦しんでしました。
とにかく「弁護士に相談してみよう!」と思い立って、法テラスに駆け込んで借金のことを全部弁護士に相談しました。
自分の再就職が決まれば個人再生という方法で借金を大幅に減額し住宅ローンを支払い続けることができることをアドバイスしてもらいました。
個人再生の手続きをするには住宅ローンを払うだけの収入がないことには始まらないそうなので、まずは就職活動を本格的にスタートして生まれ変わったつもりで一生懸命頑張ろうと思います!
でも、本当に弁護士さんに相談してみて良かったです。