住まいは身近な不動産!購入と賃貸のどちらがよいの?

「衣食住」のひとつ「住まい」は生活の拠点となる大切な存在です。
一人暮らしの人は自分のペースで生活できますが、まわりに頼れる人がいない場合も少なくありません。
一方、家族で生活する場合は、住まいはみんなが憩える場所でもあるため、安心して暮らせる雰囲気が大事ですよね。
住まいを選ぶ方法として、「購入」と「賃貸」の二通りに大別できます。
どちらにもメリット・デメリットがあるほか、現在の生活だけでなく、将来の展望を視野に入れながら検討したいものです。
住まいに関する費用として、住宅ローンや家賃があります。
これらは月々発生するものです。
住宅ローンにはゴールがありますが、家賃支払いは延々と続きます。
持ち家の場合は、固定資産税や都市計画税のほか、建物老朽化や自然災害時などの修繕費が掛かってきますよね。
特に、マンションを購入すると、管理費や修繕積立金なども必要です。
建替えの時期がやってくると、どのように対応すべきか迷うこともあるでしょう。
住まいは身近な不動産だけに、探すときはくれぐれも慎重に行うことが大切です。
住み替えを検討中の人は、広範囲から情報収集することをおすすめします。