税理士登録をしない人が増えている??

せっかく税理士試験に受かっても、登録をしないと税理士とは名乗れないんですよね。

そんなことはみんな知っているはずなのですが、登録しないままの人も多いそうです。
税理士は、未登録の場合税理士として働くことはできません。

つまり、人より税務関係に詳しいことはただの人ということです。

税理士資格保有者は、全国にある税理士会に登録し、日本税理士連合会という組織のの名簿に登録されることで、初めて税理士と名乗ることができます。

しかし、税理士事務所の募集を見てみると、「税理士(未登録可)」という募集をしていることも確かです。

税理士になる方法はいくつかありますよね。

税理士試験(5科目)に合格する方法がオーソドックスだと思います。

それ以外にも、税理士試験を免除された人、弁護士か公認会計士の資格を持っている人は、税理士になることができます。

ひとつ注意したいのが、試験に受かったからと言って税理士有資格者になれるわけでは無いということです。

試験合格者や試験免除者などは、租税または会計に関する事務経験が2年間必要なんだそうです。

実務経験のない人は、未登録の税理士ですらないのです。

さて、最近増えているのは、税理士に登録する資格がありながら、登録していない、未登録の税理士です。

一体なぜ、このような人たちが増えているのでしょうか。